太陽光発電は地球温暖化防止になる

太陽光発電は地球温暖化防止になる

太陽電池は、光を直接電気に変換するため発電している間は、温暖化の元凶と言われるCO2を出すことはありません。

しかし、太陽光パネルやパワーコンディショナーを製造する工程においては電力や化石燃料を消費します。

ただ製造過程において消費する化石燃料等は、ごく僅かなものとなるので設置されることによりほかの化石燃料を消費する発電出力を抑えることができ1〜3年程度で元が取れると言われています。

元が取れて以降設備の寿命が尽きるまで運転している限り温室効果ガスは削減することとなります。

これは、通常言われている条件の場合であって、より条件のよい(日照が長い等々)環境の場合、元が取れるのがより早くなります。

その上現在行われて全量買い取り制度により太陽光発電は、ビジネスモデルとして成立し、そのことにより積極的な投資行われて技術革新が進み、より効率がよく安価に設備構築が可能となりこの上昇スパイラル効果により一段太陽光発電が増加し、温暖化ガス排出量の削減に効果を発揮すると考えられています。

また太陽光発電に使われる太陽光パネル等は、かなりの部分がリサイクル可能と言われています。

太陽光パネルをはじめリサイクルが進むことにより製造過程での資源の消費が減りこれによっても地球温暖化防止になります。

太陽光発電の導入を検討してみましたメニュー

太陽光発電の導入を検討してみましたリンク