便利な蓄電池

便利な蓄電池

天気がよいとたくさん電力がつくられ、雨の日、雪の日、曇りの日には、なかなか電力がほとんど作られないことは周知の通りです。

天気ばかりは我々にはどうにもならないとはいっても太陽光発電が効果的に使えない。

雨の日が2週間もつづき且つ寒い時期には、電力会社から供給される電気だけを消費しているだけではちっともお得ではありません。

こういう時にこそ、日頃から蓄電池に蓄えておいた、電力を使おうではないでしょうか。

これでこそ、太陽光エネルギーの電力量が天気によって左右されてしまうというデメリットをカバーするものではないでしょうか。

何回でも使える丈夫な蓄電池も必要ですね。

災害にあると便利

今では、太陽光発電で発電した電力で充電できるタイプの蓄電池もあります。

これだと太陽光発電からの余分な電力をも貯めておくことができます。

この場合は、パワーコンディショナ(ソーラーパネルからの電力を家庭で使える電力に変換する機能に加え蓄える機能もある)の容量が多くないものをお持ちのご家庭の方もメリットとなります。

天気が良く気温が熱い日々にうんとできた電力量で、使い切れずに残った分はこの蓄電池に貯めるようにしておけばいいのです。

こういったメリットを駆使することにより、停電になろうが災害がおきようが、大概はいつでも安心です。

今後日本において蓄電池の需要もまたはますます高くなるでしょう。

太陽光発電システムがまだ未導入のご家庭にも蓄電池は停電の時に使えますね。

まだまだ蓄電池の値段が高く、再三をあわすのは経済的メリットの面では厳しい面がありますが、災難時の対策としては大きなメリットであります。いつでも安心ではありませんか。

なんらかのトラブルにより電力会社からの電気がこないとき。

急な天候の変化にともなう、天気がいつも悪く、太陽光エネルギーの電力量が十分ではないときに、いざというときにしばらくは大丈夫な電力があるわけですから。

福島の原発事故以降、さらに各自によるエネルギー対策はとても重要であると思われます。

太陽光発電の導入を検討してみましたメニュー

太陽光発電の導入を検討してみましたリンク