投資回収の考え方

投資回収の考え方

一般的な個人宅で屋根構造が切妻・寄棟・方形屋でた太陽電池パネルの取り付けの架台の場合は、設備投資償却年数≒太陽電池取り付け見積も額÷(年間支払電気料×20%)で求められます

400KWhの太陽電池装置を設置すると考えたら、1KWh=38円で電力会社に売る契約をした場合

消費電力量:350kWh/月

・時間帯別消費電力量:7:00〜17:00=105kWh/月(消費割合30%)、

17:00〜23:00=140kWh/月(消費割合40%)、

23:0〜7:00=105kWh/月(消費割合30%)

予測発電量:約400kWh/月  1か月当たり50kwhが電力会社に売る電力量なので一か月1900円位となります。

設備投資利益分岐点(設備投資額の採算月数)≒太陽光発電設備費用÷1900円

でシュミレート計算出来ますので、太陽光発電による投資回収については一般的な個人宅な個人宅ではあまり回収利益の期待はされない方が良いです。

メーカーや業者は見極めて!!

太陽電池装置及び関連装置の耐久年数自体が15年から20年くらいとされて居ります。

メーカーの製品単体は正常な使用状態にての製品保証なので、負荷行為的な破損・故障については保障の対象外となってしまいます。

例えばアレイに何かが飛んでききて、保護ガラス(樹脂製のもの)が破損した場合は、有料となります。保障関係も視野に入れた上でメーカーや業者を選ぶことをお勧めいたします。

太陽光発電の導入を検討してみましたメニュー

太陽光発電の導入を検討してみましたリンク