太陽光発電のマンション導入できるか

太陽光発電のマンション導入できるか

太陽光発電のマンション導入は出来るが、アレイの取り付け枚数がベランダ・バルコニーの長さによって決まってしまいますから、昼間の発電量が屋根に設置できる枚数の三分の一程度となります。

太陽光発電を設置しても電気料金の軽減は出来ますが、何故なら太陽光発電は太陽光によって発電しますから、天気が晴れていないと発電量は低下してしまいます。

発電して無い時間帯である夜間の電気量が昼間と比べ多くなります。

低層マンションに太陽光発電設備をした場合でもの投資設備費の回収は太陽光発電システムの耐用年数と以上の年数が必要になるものと示唆できます。

管理者が注目

マンションに設置する場合は、設置しようとするマンションの管理会社・マンションの持ち主・マンションの設計会社などの承諾が必要となります。

マンションの構造物の関係・ベランダの強度・マンションの外観上の景観などから、分譲マンションであっても同意許可が必要です。

当然のこと乍ら、設置工事はベランダの外側からなので、25メートル以上の高所作業車とラフタークレーンが必要となり、専用のアレイの取り付け架台も設計し施工となりますので、事前に業者しっかりとした、施工打ち合わせと施工見積もり打ち合わせが必要です。

しかしエコといわれている時代のいまこそ、将来のことを考え太陽光発電を設置しようとしている管理者が多いのが現状です。

太陽光発電の導入を検討してみましたメニュー

太陽光発電の導入を検討してみましたリンク