自家発電の仕組み

自家発電の仕組み

自家発電には様々なものがある自家発電と呼ばれているものは、比較的規模の小さいものでも発電ができる、水力、風力、光を活用したものが代表的なものです。

しかし、これらのものは供給が立たれてしまうと、発電することができません。その為自家発電というと、緊急時
に使うためエンジンで発電するタイプのもの、が使われています。

エンジンで作動するものですから、その発電量発電時間などに、限りがあるものが多いのです。

自家発電装置が

最近では、電気自動車を蓄電池にして、緊急時に発電をするような、システムも出来上がってきています。

継続的な発電の方式としては、地熱発電がありますが、発電施設の値段や、規模、土地柄などの関係上一般的ではありません。

その為技術の進歩も手伝い、お風呂や暖房に使う熱を利用して、それを電気に変えて発電するシステムや、太陽光
などで発電した電気を、そのまま蓄電できるようにしたシステムなど、様々な方法が確立されてきています。

太陽光発電が、施設の設置などの関係のみで発電ができるため、メンテナンスの苦手なオーナーには適切な方法であるといえます。

太陽光で発電した電気を、電気自動車に蓄電して、緊急時に使うといった方法が、最も効率が良い方法であるといえます。

自家発電装置の小さなものは、手で持てる物からあるので、その活用量に応じて設置するとよいでしょう。


太陽光発電の導入を検討してみましたメニュー

太陽光発電の導入を検討してみましたリンク