太陽光発電システムは地震対策されているのか

太陽光発電システムは地震対策されているのか

近年自然災害による被害がテレビなどでたびたび報道されています。
そこで心配なのが地震が起きたとき太陽電池パネルは大丈夫なのかということです。

*大規模な地震が来たとき大丈夫なのだろうか?

 今まで大きな地震が何回かありました。
阪神淡路大震災、新潟中越地震、東日本大震災などです。

これらの地震のときソーラー発電システムについての被害は報告されていません。
電池パネルの製造段階でねじれや振動などの試験を繰り返し行っているからでしょう。
もちろん皆無と言うわけではないでしょうが問題になったのは別なことでした。
それは停電になったときの対応方法についてです。
自家発電した電気を使うには切り替える必要がありパワーコンディショナーの電源をオフにしなければならないからです。
そのことの説明不足や非常用電源のコンセントが無いなどの問題についてでした。
逆にソーラー発電を導入しておいたおかげで停電時にとても役に立ったという報告は沢山の人から入ってきています。

建物の倒壊についても、家そのものが古くなければパネルの重量で倒れることはありません。

 また、そのほかの自然災害にも強いことが実証されています。
落雷ですがパネルに雷を避ける装置が組み込まれており、被害報告は非常に少ない数になっています。

太陽光発電の導入を検討してみましたメニュー

太陽光発電の導入を検討してみましたリンク