製品の寿命はどのくらい

製品の寿命はどのくらい


送電線に定期的なメンテナンスや交換が必要なように、太陽光発電システムにも機器ごとの寿命があり、壊れる前に取り替える必要あります。太陽光発電を投資目的で検討される方も増えていますが、そうした場合には導入だけでなくその後にかかるランニングコストも計算しなければ思わぬ出費を被ることとなります。

屋根に設置するソーラーパネルの寿命は各メーカーで公称している期間異なりますが概ね30年になります。それに併せてシステム出力保証を20年ほどに設定するメーカーが多いです。

それなら30年間は維持費が掛からないかと言えば実はそうなりません。パネルの寿命は30年ですが、パワーコンディショナー(通称パワコン)と呼ばれる装置や、送電線の寿命はもっと短いのです。

売電メーターは10年ごとに交換

太陽光発電で作られる電気は乾電池などと同じ直流です。そのままではACコンセントで使えないため、交流に変換し各部屋に分配してあげる必要あります。その装置は絶えず高圧電流に晒される環境にあり劣化も激しいです。

メーカーでは耐用年数15年を設定しているところが多いです。しかし実際は10年ほどで性能が衰え始めると言われています。

また太陽光発電のメリットと宣伝されることも多い売電ですが、家で作った電気を売るために設置する売電メーターは10年ごとに交換が必要であり、これは法律で義務づけられているため絶対です。

太陽光発電の導入を検討してみましたメニュー

太陽光発電の導入を検討してみましたリンク